前へ
次へ

自分が結婚していて感じていたこと

かつて私は二人の女性と付き合い、最終的に一人を選んで結婚しました。
それは必然的な流れでもあり、別れたほうの女性は今では3人の子持ちになって幸せに暮らしています。
若い頃にいろいろな女性と巡り会い、それぞれの長所短所を見てきましたが、同時にそれは相手からも値踏みされていたことを意味します。
現在は特定の相手と付き合わずに婚活サイトなどで相手を探す人もいるくらいで、データ集めの方法もサイバー化してきました。
私の場合、付き合いながら二人のどんなところが合っているかなど、相性をまず大事にしました。
結婚してからは子供も生まれ、子供に対する接し方を見て妻の新しい一面を発見したりもできました。
今では子供も一人前になり、妻も自分の好きなことに時間を費やすようになったので楽しそうです。
私は独り者でも老後まで暮らすことができると勝手に思っていた時期がありましたが、今となっては最後まで連れ添うことができるパートナーが見つかってよかったと感じています。

Page Top