前へ
次へ

結婚したいと思わせる環境づくりが必要です

昔は結婚適齢期と言う時期が明確にあり、その年頃になると、大抵の男女は結婚をしていました。
そして子供が生まれ、累々と子孫が続いていたのです。
ですが今は女性が社会に出て働くようになり、結婚適齢期と言う言葉はあまり使われないようになっています。
歳を重ねても結婚をしない男女が増え、独身で一生を終える人も珍しくなくなりました。
結婚をしない人が増えるということは、子供の数が減るということでもあり、経済や労働力に悪影響を及ぼすことになります。
ですから結婚する人は、何とかして増やさなければいけません。
それには、結婚したいと思われる環境づくりが何よりも欠かせません。
結婚した場合になにがしかの優遇制度を創設したり、子供を作り育てやすい社会を作ることが必要です。
結婚したいと思えるような社会環境を作りさえすれば、人はおのずと結婚へと歩み始めるはずです。
未婚化や少子化と言う言葉が世間に広まってから大分経ちますから、急いで環境整備を行うべきです。

Page Top