前へ
次へ

結婚と現代社会の在り方について考える

現代の社会は結婚を肯定的にとらえており、もっと子供を増やして人口を増やすよう社会からの要請があります。
男女がどこで出会い、契約を交わすかは運による部分もあるため計算ができない部分も多く、社会が求める方向にはなりにくい状況がありますが、それでも子供は毎日どこかで生まれており、社会を構成する重要な役どころを占めています。
それには父親と母親が結婚し、二人が生活を共にする必要があります。
現在は働き方も生き方も多様化しており、昔のように父親が働いて母親が主婦として子供を見るような形は珍しくなりました。
それぞれが無理のない形で一つの家を共有し、子供に関しては二人が責任を持つような体制が当たり前になってきたわけです。
社会は現在生きている人たちが形成しており、それを維持するのも社会を構成する人たちです。
結婚して子供を作ることは男女の営みの中で自然に行われることでしたが、今は出会いのきっかけを探し、相手をきちんとデータ化して選ぶ時代になりました。

Page Top